「株式会社大和創建」愛着ある暮らしと住まいにリフォームを。一人一人のお客様の大切な暮らしと住まいに寄り添い、より快適で心地よい空間を実現します。

お客様相談窓口: 0120-35-6795

HOME > 施工案内

テーマ別リフォーム事例:

大規模・トータルリフォーム

一度スケルトン(骨組み・躯体)状態にしてから内装をすべて一から作り直すリノベーションや大規模な間取り変更などは、独自のアイデア、豊富な知識と経験、予算および工期管理能力の有無が大切なポイントとなります。


壁面に施した天然石のタイルをベースに、住空間をデザイン。白を基調としたシンプルな内装や、タイルの美しい陰影を演出する間接照明が、その存在感を際立たせている

家族構成: 夫婦+子ども1人
築年数: 26年
間取り: Before: 3LDK →  After: 2LDK
費 用: 890万円
目 的: デザイン重視、間取り変更・スケルトン、収納力UP
リフォーム箇所: リビング・ダイニング、キッチン、玄関、浴室・バス、トイレ、洋室、和室、収納、廊下
Before: 築26年の分譲住宅。デザインも使い勝手も、子育て夫婦に合わなかった
After: 天然石タイルの壁面が際立つデザインと暮らしやすさが両立する空間設計

お子様が生まれ、以前の住まいが手狭になったNさんご夫婦。ご両親がご実家へ戻られ、ご自身も暮らしていたマンションを譲り受けることに決めました。しかし、設備やデザインに古さを感じ、細切れの間取りが子育てご夫婦に合わず、思い切って全面リフォームをすることに。デザインのベースになったのは、リビングの壁面に使ったダークグレイの天然石タイル。深みのある素材を活かすため、白を基調にした室内や濃茶の建具、タイルの陰影を映し出す間接照明を設計。落ち着いた雰囲気のLDKへ生まれ変わりました。さらに、成長するお子様のこれからを考えて、フレキシブルに使える子ども部屋など、シンプルな間取りに変更しました。

キッチン

ダイニングを彩るペンダントライトも、Nさん夫婦のお気に入り。透明感のある照明の美しさを活かすため、建具やクロスにはダークブラウンを差し色に施した

子供部屋

ふすまで仕切られた使い勝手の悪い和室を、リビングからひと続きのスペースへ変更。引き戸は戸袋にスッキリとしまえるので、戸を開け放てばリビングに一層広がりをもたらしてくれる。また、コーナーを利用して、スタディースペースを造作

廊下

構造上どうしても床が一段上がってしまう、水まわりスペース。その制約を逆手にとって、足元を照らすフットライトを設置

トイレ

トイレはグレーとホワイトのコントラストが美しい、シックで落ち着いた空間に。国内メーカー最新の設備に一新し、使い勝手も格段に向上

バス

お掃除しやすく、保温性も高いシステムバスを採用。以前に比べ浴槽も広くなり、心地よい時間をつくり出してくれる。LDKと同じカラーリングを用いて、住空間全体のデザインを統一した

間取り

新しくした設備

キッチン/TOTO
ユニットバス/TOTO
洗面化粧台/TOTO
トイレ/TOTO
床/DAIKEN
建具/神谷コーポレーション
壁紙/リリカラ、シンコール

リフォーム費用

工期 約60日
リフォーム面積 75.5平米
費用概算 標準工事費: 6,976,200円
オプション工事費 1,114,700円
諸経費: 809,100円

総額 890万円

二世帯リフォーム

あるときは同居、あるときは別居。
快適な二世帯住宅はアイデアと実績が必要です。昨今ますます「家族の絆」が重要視され、二世帯住宅への注目が集まっています。
世帯別に居室や設備を分離させつつ、リビングルームなどの共有空間を設けたり、親子各々で好みの住空間を実現させるなど、二世帯住宅には独自のアイデアと豊富な経験が不可欠です。


二世帯の家族が自然につながることができる間取りに

家族をつなぐメインの場となるリビングダイニング。吹き抜けを設け、明るさと繋がりを重視。外部からの視線を遮りながらも光が入るように丁寧に設計。図書館のような吹き抜けはNさんのこだわり。照明計画にも凝り、昼間は白、夕方以降はオレンジの光と、二種類の間接照明を使い分けできる。

家族構成: 本人+息子夫婦+孫1人
築年数: 24年
費 :用 5289万円
目 的: 二世帯、間取り変更・スケルトン、自然素材
リフォーム箇所: リビング・ダイニング、キッチン、書斎、寝室、浴室・バス、トイレ、その他
Before: 二世帯同居には向かない間取り。水まわりの設備も老朽化していた
After: 二世帯の家族が自然に繋がる間取り。部材から照明までデザイン重視に

二世帯同居を始めるにあたり新築も検討したNさん。しかしながら、亡くなった奥様やお母様が大事にしていた住まいを残したいと思い、リフォームを選択しました。家族との時間を大切にするNさんは、安らぎとともに、二世帯の家族が自然に繋がることのできる間取りを要望。以前は部屋が細かく分かれて暗い印象だったため、外からの視線を避けながらも開放感が得られるように吹き抜けを設置し、「どこにいても家族の声が聞こえるようになった」と大満足。また、「展示場以上の家」との希望から造作家具や照明も凝ったものに。新築時にこだわった外壁や和室はそのままに、木質感に溢れ、造作家具まですべて統一された美しい住まいが完成しました。

風呂

坪庭の景色を取り込んだ居心地のよいバスルーム。ワイドなミラーを入れることで広がりも演出。多忙な毎日の生活を心地よくリセットする場がうまれた

洗面

お母様が過ごしてきた1階部分は大きく変えたくなかったが、2階への玄関を増築したことで1階の洗面室はリフォーム。既存の階段の一部を再利用し、1階の洗面室にベンチを設置した。お母様は洗濯や着替えの際に重宝しているという

階段

子世帯用に増築された玄関。和風住宅にあう丸型の窓が印象的。お母様用の階段昇降用電動リフトを設置し、夕食は二世帯一緒に2階のダイニングで。お母様が気軽に子世帯と行き来できるようになっている

和室

客間として設けた1階の和室は、Nさんのお気に入り。広々としたLDKとは対象的に、ゆったりとした和の風情が落ち着いた空間をつくり出している。「空間が閉鎖的なところが、かえって落ち着く」というNさんは、自らの書斎としても活用している

間取り

新しくした設備

キッチン/クリナップ(S.S.)
バス/ヤマハリビングテック
床材/メイプル挽き板フロア 他
造作家具/オリジナル

リフォーム費用

工期 4ヶ月
リフォーム面積 334.76平米
費用概算 仮設・解体工事: 4,270,000円
木工事: 13,250,000円
屋根・左官・板金工事: 1,350,000円
外装塗装・内装工事: 7,040,000円
建具・家具工事: 8,130,000円
住宅設備機器・電気・給排水工事: 9,610,000円
その他工事・諸経費: 9,240,000円

総額 5289.00万円

デザインリフォーム

個性的なデザインと住み心地の両立は発想力と提案力のある会社選びを

見た目も、機能も、住み心地もスタイリッシュに」 デザインリフォームに求められる要望はハードルが高くなりがちです。 顧客の要望に対して、個性的なデザインと機能性を両立させたプランを提案できるリフォーム会社は、優れた発想力と豊富な知識・経験がある証といえます。


床の天然大理石をメインにデザイン。既存の家具と上手く調和
洋室との間仕切りを撤去し、梁やダクトも感じさせない広々としたLDが完成。インテリアは既存のものをそのまま使用している

家族構成: 夫婦
築年数: 13年
間取り: Before: 2LDK →  After: 1LDK
費 用: 4570万円
目 的: 中古購入、間取り変更・スケルトン、デザイン重視、収納力UP
リフォーム箇所: リビング・ダイニング、キッチン、浴室、洗面室、トイレ、玄関、洋室、収納、他
Before: もう少し広い空間を希望して、リフォームを前提に中古マンションを購入
After: 床の天然大理石をメインにデザイン。豪華ホテルのスイートルームのような空間に

購入した中古マンションは、キッチンや浴室はサイズが大きく、間取りが細かく区切られていたので、スケルトンリフォームで一新。完成した住まいは広々としたリビング、まるでロビーのような玄関、生活感を感じさせない間仕切りのキッチンなど、パブリックとプライベートスペースを上手くゾーニング。まるで豪華ホテルのスイートルームのような空間に。「広い空間になり掃除もしやすくなりました」と奥様もご満足の様子。

玄関

来訪者が一歩入った瞬間に、印象的な玄関にしたかった。扉の両サイドをガラスにして、壁には天然の突板を鏡面仕上げに

トイレ

玄関の横は来客用のトイレ。間接照明の効果で優雅な雰囲気に

キッチン

リビングから生活感を感じないよう、間仕切りのあるキッチンに

「空間が閉鎖的なところが、かえって落ち着く」というNさんは、自らの書斎としても活用している

間取り

新しくした設備

キッチン・洗面台/CUCINA
トイレ/TOTO
床材/アドバン、他

リフォーム費用

工期 4ヶ月
リフォーム面積 138.48平米
費用概算 標準工事: 9,910,000円
オプション工事: 28,100,000円
諸経費: 4,310,000円
消費税: 3,380,000円

総額 4570万円

耐震リフォーム

いざというときの安心感と安全性は豊富な耐震リフォーム実績を見極めて

万一の大地震発生への不安が高まるなか、家族の安全と大切な資産を守るために、家屋に耐震補強工事を実施するケースが増えています。 補強方法は、壁を筋交いや耐震用パネルで補強する方法や、コンクリートの基礎を補強する方法など、建物の構造と状況によって異なります。


築57年の建物の耐震性能をアップさせたい

老朽化、シロアリの発生、使われていない無駄な部屋など不具合や不安が重なり、リフォームを決意。検討した数社のなかで提案が最も気に入った会社へ依頼しました。その提案とは、大きな間取り変更なしに建具の移動や壁の造形、内装だけで空間を蘇らせる方法。耐震補強も基礎や屋根はそのまま利用しながら行いました。「もっと大掛かりになると思っていたので安心しました。間取りを変えなくても壁をアールにするだけでまったく違う見え方になるなど、プロならではの頼もしい提案をしていただけました。大きな会社は融通が利かないのかと思っていましたが、細かいことにも丁寧に対応してくださり安心して進めることができました

家族構成: 夫婦+子供+母親
築年数: 57年
費 用: 1649万円
目 的: 家の老朽化、耐震補強、自然素材
リフォーム箇所: 玄関、リビング・ダイニング、キッチン、寝室、外観・屋根、浴室、トイレなど
Before: シロアリ、耐震、設備の老朽化など、小さな不安が数多く積もっていた
After: 大きな間取り変更なしに、既存の空間、建具を有効活用しながら快適な住まいへ

外観

外壁も大きくリフォームし、旅館のような趣のあるデザインに。また、断熱材、サッシも刷新し住宅の基本性能もアップ。「以前は家の中でもコートを着ているほどでしたが、今では家が暖かくなりとても快適です

間取り

新しくした設備

キッチン
バス
トイレ
床材

リフォーム費用

工期 4ヶ月
リフォーム面積 138.48平米
費用概算 標準工事: 9,910,000円
オプション工事: 28,100,000円
諸経費: 4,310,000円
消費税: 3,380,000円

総額 4570万円

予算500万円までのリフォーム

予算500万円未満。
何をして、何をやらないかが成功のカギ!予算としては十分とも思える「500万円未満」。 しかし、プランを立ててみると予算オーバーに……。 リフォーム成功の秘訣は、顧客の要望を理解したうえで取捨選択してプランニングする提案力を持ち、明快な見積もりを提示してくれるリフォーム会社選びにあります。

既存の設備を活かしつつ、シックなイメージを追求。落ち着き漂うモダンリビングに


家族構成: 夫婦+子ども2人
築年数: 21年
費 用: 378万円
目 的: 間取り変更・スケルトン、デザイン重視、収納力アップ
リフォーム箇所: リビング・ダイニング、キッチン、トイレ、洗面所、収納、玄関、子ども室、廊下
Before: インテリアを変更することを前提に、立地や広さに納得の中古マンションを購入
After: 既存の設備を活かしつつ、シックなイメージを追求。落ち着き漂うモダンリビングに

既存の設備を活かしつつ、ご実家近くへの住み替えを決意されたTさん。購入された中古マンションは、立地や広さに恵まれているものの、インテリアの色調が好みに合わず、閉鎖的なキッチンへの不満も。そんなTさんに、和室をなくして大空間LDKを生み出すとともに、極力既存の設備機器を活かし、コストを抑えながら美しく快適な住まいに一新するプランを提案。モダンなクロスやエコカラットの採用、機能性にも優れたアイランドカウンターなど、Tさんの感性に合ったデザインを追求したところ、「モノトーンの素敵な住まいが生まれ、感激です」とTさんは大満足。コスト面に配慮しながら、細部に工夫を凝らすプロの工夫がリフォームを大成功に導いた。シックなイメージを追求。落ち着き漂うモダンリビングに  

リビング

気になるデッドスペース(正面)には、ガラスの可動棚を造作し、お気に入りを飾る楽しみをプラス。シャンデリアとともに広いリビングのアクセントとなり、エレガントな雰囲気を醸し出している

キッチン

キッチンは、既存品を活かし、レンジフードや水栓、ガスコンロの取り替えにとどめたにもかかわらず、扉に化粧シートを貼り、ゴージャスな雰囲気の大理石調フロアタイルを採用することで、イメージが一新。キッチンパネルにもダークカラーを選び、リビングと同じアクセントクロスを活かすなど、工夫を凝らしてデザイン性を追求

オープンになったキッチンには、造作のアイランドカウンターを設け、ダイニングとの快適なつながりを創出。足入れしやすいよう天板を大きく設計し、キッチン側には家電収納ユニットを組み込むなど、機能性と洗練美を両立させる提案が同社らしい

洗面

洗面化粧台は、十分状態が良かった既存品を活かし、水栓と収納棚のみをリニューアル。同社のアイデアにより、汚れが気になった鏡の周囲にメタリックカラーの化粧シートをあしらったところ、見違えるほど明るくお洒落なイメージに。お気に入りの香水をディスプレイできるガラス棚がTさんに好評

玄関

玄関の正面には、リビングと同じモダンなクロスを貼り、大きなミラーを設けて、空間の広がりと上質感を演出。壁面(写真左側)に、ガラス棚を取り付けたところ、お客様を迎えるにふさわしいギャラリー風のエントランスが誕生した

間取り

新しくした設備

家電収納キャビネット/LIXIL(アミィ)
レンジフード/富士工業
ガスコンロ/大阪ガス
リビングの壁(一部)/LIXIL(エコカラット・グラナス ルドラ)
LDのカーペット/東リ(トリアック)

リフォーム費用

工期 22日
リフォーム面積 184.73平米
費用概算 仮設・解体工事: 160,000円
木工事: 570,000円
電気照明設備工事: 470,000円
キッチン・洗面設備工事: 680,000円
内装工事: 1,680,000円
その他工事: 160,000円
美装工事: 60,000円

総額 378万円

リフォーム箇所別リフォーム事例

リビング・ダイニング

造作家具などで収納を充実させたLDK。白を基調に間接照明やニッチ、クロスの貼り分けなどでモダンな印象に

バルコニーに面した大きな開口部からたっぷり光が差し込むダイニング。カウンターには背の高いスツールを置き、ホテルのラウンジのような仕上がりに。奥の半透明扉をあけると書斎につながり、使いやすい動線も確保している

2方向の大きな窓から光と風が届く、心地よく開放的なLDK。正面の造作家具はデザインや使い勝手にこだわり仕上げた。間接照明の効果で一層の奥行きを感じることができる

キッチン

キッチンはカウンター越しにリビングダイニングの家族を眺められるようオープンに。機能的な最新設備を取り入れ、使い勝手も格段に向上した


カウンターを中心に大勢が調理できるキッチンは、ホームパーティー時には奥様方が集まります。お話しながらのお料理は楽しいです」と奥様。家電類やゴミ箱も露出しないように計画

もともと奥まった位置にあったキッチンを移設し、夫人の希望でオーダーのアイランド型キッチンを採用。LDK全体が見渡せるようなレイアウトに。

浴室・バス

デザインのこだわりに応えて在来工法で。大きな窓から景色と風を取り込んで、季節の変化を味わえる憩いの空間に

お風呂にこだわりの強かったお客様。同社では発売前にいち早く新商品の情報をキャッチし、希望にあったものを提案。採用したLIXILのスパージュは肩湯や打たせ湯の機能があり、たっぷりとお湯を浴びることができるオーバーヘッドシャワー付き。壁材は凹凸を持った面状にラメやパールを織り交ぜたもので、照明によって豊かな表情を見せてくれる

ジェットバス付きの広いバスルームに一新した。大きなバスタブで心ゆくまでリラックスできる。窓の向こうはウッドデッキになっており、バスコートのように使うことができ、浴室の窓から直接この場所に出て涼むこともできる

トイレ

背面にスリット窓を設計し、明るさを取り入れたトイレ

トイレはゆったりしたスペースを確保。モザイクタイルや信楽焼の手洗器がポイント

洗面所

お好みのアイテムを選んで、洗面化粧台はオリジナルで造作。シンプルでスタイリッシュなデザインで仕上げた。壁面は凹凸のあるタイル張りにして空間のアクセントに。セカンドハウスとしての利用のため、収納は多く取らず、オープンな棚で使い勝手やデザイン性を重視している

ホテルを意識したドレッシングルーム。洗濯機の横には大容量のリネン収納も造作

寝室・和室


畳敷きのベッドルーム。ダークブラウンの美しい板張り壁は洗練された印象で、ぐっすりと快眠できそう。リビングや和室ともつながり、いつでも気ままに横たわることができる。奥に見える和室はゴロンと寛いだり、ゲストの寝室にも使える

階段・廊下

緩やかに弧を描くサーキュラー階段は、奥様が展示場で一目惚れしたもの。上部を吹き抜けにすることで、北側にも陽射しが届く

まるで美術館の回廊のような、離れと母屋をつなぐ廊下。間接照明で石壁の凹凸の陰影が楽しめる

玄関

来客の多いAさん邸。ホールに生花を飾るニッチを設けるなど、おもてなしの心を表現

暗かった玄関ホールはLDKからの光を届けるため、スリット入りのハイドアにプラスして壁の一部もスリット窓に。「

外壁・屋根

まるで新築のように生まれ変わったI氏邸の外観デザイン。2階のスペースは、増築したことにより、リフォーム前に比べて2倍以上の広さになった。「以前では考えられないくらい、二世帯でもゆったり暮らせる住まいになりました」とIさん。ウッドバルコニーの木の質感が、ガルバリウム鋼板の外壁のいいアクセントになっている

耐震診断・設計を基に家全体をバランス良く補強し、既存の陶器瓦は軽量で遮熱性に優れた屋根材に一新。市の耐震助成金も利用した

エクステリア

4mもの自然石の石壁を設置した外観は、まるで古代神殿のような雰囲気に大きくイメージチェンジ。アッパーライトで幻想的にライトアップされた石壁に植栽のシルエットを映し出し、光と影で上品なイメージを演出した。石壁は母家と離れをつなぐ廊下の内壁も兼ねている

リビングの外に造作したウッドデッキとガーデンラウンジは、屋内と屋外を自然とひとつながりにしてくれる。ラウンジのオーニングを下ろせば路面からの視線を遮り、お茶を楽しんだり洗濯物を干したりできる、プライベートな空間に早変わり。ウチナカガーデンを満喫できる

▲TOPへ